96%の効果があるC型肝炎の新薬、保険適用に

2015年05月18日

中央社会保険医療協議会は18日、新しいC型肝炎の飲み薬「ソバルディ」(※一般名:ソホスブビル)による治療について、公的医療保険の適用を了承しました。

費用は1日1錠で61,799円。 12週間服用しますが、医療費助成制度により患者さんの自己負担分は、月額で10,000円〜20,000円になる予定です。

これにより、従来の注射薬が必要なくなり、重い副作用も無くなる事から、治療期間の短縮と高い治療効果が期待されています。

「ソバルディ」はアメリカの製薬会社「ギリアド・サイエンシズ」が開発しました。 C型肝炎患者全体の2〜3割を占める「2型」の遺伝子型が対象で、慢性肝炎と初期の肝硬変の患者への効果が認められています。

 

 

医療機関採用ご担当者様 求人情報掲載しませんか?

  • 求人担当の方が直接情報を入力でき、更新も随時可能です。
  • 実名掲載、担当者連絡先・病院 ホームページへのリンクも可能、 医師からの直接の問い合わせ、 応募での入職の場合、 紹介手数料は一切かかりません。
  • 九州に特化しており、九州での 転職を検討する医師の方には、 情報が豊富で、また、検索も シンプルで容易な為訴求力が あります。

お申し込みはこちらから

ページ先頭に戻る