認知症患者の救急搬送、約9割の病院が対応困難

2014年12月08日

救急病院のおよそ9割りが、認知症患者への対応が困難だと感じている事が、国立長寿医療研究センターの武田章敬医師らによるグループの調査で分かりました。

研究グループは、認知症の患者が搬送された際の対応について、全国の救急病院を対象にアンケートを行ない、589の救急病院から回答を得ました。

その結果、全体の86%の救急病院が認知症患者を受け入れている一方、94%の救急病院が受け入れは困難だと感じている事が分かりました。

その理由について、「転倒などの危険があるため」との回答が88%と一番多く、ついで「意思の疎通が困難」が85%、「退院先が決まりにくい」という回答が63%と、受け入れ困難な理由として上げられました。

アンケートの回答の中には困った時の対処法について、「早期の退院を勧める」が96%、「患者の体を縛るなどして抑制する」、「薬を使って鎮静する」と答えた病院も90%以上に上りました。

調査の結果について国立長寿医療研究センターの武田章敬医師は、「高齢化などで今後認知症の人が患者として救急搬送される事は増加していきます。救急医療の現場は認知症に対応できる医療スタッフの育成を急ぐ必要がある。」と話しています。

医療機関採用ご担当者様 求人情報掲載しませんか?

  • 求人担当の方が直接情報を入力でき、更新も随時可能です。
  • 実名掲載、担当者連絡先・病院 ホームページへのリンクも可能、 医師からの直接の問い合わせ、 応募での入職の場合、 紹介手数料は一切かかりません。
  • 九州に特化しており、九州での 転職を検討する医師の方には、 情報が豊富で、また、検索も シンプルで容易な為訴求力が あります。

お申し込みはこちらから

ページ先頭に戻る