宮崎で鳥インフル発生、4000羽殺処分

2014年12月16日

宮崎県延岡市北川町の養鶏場で鳥インフルエンザが発生し、およそ4000羽のニワトリが殺処分されました。

この養鶏場では、14日〜15日にかけてニワトリが相次いで死に、およそ30羽のニワトリが死んでいるのが見つかった為、簡易検査を実施したところ陽性と確認。宮崎県が行なった遺伝子検査の結果、H5亜型高病原性鳥インフルエンザウィルスが検出されました。

この結果を受けて、養鶏場ではすべてのニワトリを殺処分する事が決まり、およそ4000羽のニワトリの殺処分が16日の未明から行なわれ、午前9時半頃に作業はすべて終わりました。
引き続き現場では、埋葬や消毒などが行なわれています。

宮崎県や延岡市では、鳥インフルエンザの発生を受け、養鶏場の周辺には消毒ポイントを設置して、通行する車輛の消毒などを継続しています。
また、緊急の防疫会議を開き、養鶏農家に防疫の徹底を呼びかけています。

宮崎県はブロイラーの飼養数が全国一位で、全国の約20%を占めています。
4年前にも鳥インフルエンザが発生し、およそ100万羽のニワトリが殺処分されました。

ある養鶏農家は、防疫を徹底して以前と同じような事にならないようにしないといけないと話しています。

鳥インフルエンザには、高い確率で死ぬ高病原性と、毒性の低い低病原性があります。
高病原性だった場合、飼養鶏の殺処分や消毒、近隣農場のニワトリの移動制限などの拡大防止策を実施する事が決められています。
国内では、今年の4月に熊本県の養鶏場で発生して以来、家禽の高病原性インフルエンザは確認されていませんでした。

 

 

 

医療機関採用ご担当者様 求人情報掲載しませんか?

  • 求人担当の方が直接情報を入力でき、更新も随時可能です。
  • 実名掲載、担当者連絡先・病院 ホームページへのリンクも可能、 医師からの直接の問い合わせ、 応募での入職の場合、 紹介手数料は一切かかりません。
  • 九州に特化しており、九州での 転職を検討する医師の方には、 情報が豊富で、また、検索も シンプルで容易な為訴求力が あります。

お申し込みはこちらから

ページ先頭に戻る