インフルエンザ大流行、全国40の都道府県で警戒レベル「超」に

2015年01月13日

インフルエンザが大流行しています。 40の都道府県で「警戒レベル」を超えました。

全国の医療機関で受診した患者は、12月29日から今月4日までの1週間で139万人となり、前の週より1万人も増加しました。
ただ、年末年始の休みで病院を受診しなかった患者もいるとみられ、次回の発表では更に患者数が増える可能性もあります。

インフルエンザ患者が多かった県は、沖縄県、福岡県、滋賀県の順となっています。

これで、今シーズンのインフルエンザの患者数の合計は約418万人になりました。 また、新学期が始まり、さらにインフルエンザの感染が拡大する可能性があり、厚生労働省は今月が流行のピークとして注意を呼びかけています。

 

医療機関採用ご担当者様 求人情報掲載しませんか?

  • 求人担当の方が直接情報を入力でき、更新も随時可能です。
  • 実名掲載、担当者連絡先・病院 ホームページへのリンクも可能、 医師からの直接の問い合わせ、 応募での入職の場合、 紹介手数料は一切かかりません。
  • 九州に特化しており、九州での 転職を検討する医師の方には、 情報が豊富で、また、検索も シンプルで容易な為訴求力が あります。

お申し込みはこちらから

ページ先頭に戻る