インフルエンザ、今年の流行はやや早め

2014年12月07日

国立感染症研究所は、昨年よりも3週間早くインフルエンザが全国的な流行期にに入ったと発表しました。
昨年の流行期入りの発表は12月27日で、過去10年で2番目の早さです。

インフルエンザの患者は全国46の都道府県で増えています。

5日に国立感染症研究所から発表されたデータでは、インフルエンザの患者数は先月30日までの1週間で全国でおよそ9396人となり、前の週の2倍にあたるペースで増加しています。
1医療機関当りの患者数は、1.90人と流行開始の目安とされている「1」を超えました。

流行期入りが早いと流行の規模が大きくなる恐れがあります。
流行の時期が早いと、そのぶん様々なタイプのウィルスが順番に流行してくるという状況になるため、何度もインフルエンザにかかる人が出てくる為です。

ウィルスに感染すると、1〜4日で発熱や頭痛や、咳に倦怠感などの症状が出てきます。

インフルエンザワクチンは接種してから効果がでるまでに2週間程度かかるため、インフルエンザが流行を迎える前の早めの接種が必要です。

今のところ「A香港型」が全体の9割を占めていますが、今後はさまざまなタイプのウィルスが流行してくることが予想されるので、早めの予防接種をうけ、特に重傷化しやすい高齢者や乳幼児がいる家庭では対策を徹底して気をつけて欲しいと注意を呼びかけています。

医療機関採用ご担当者様 求人情報掲載しませんか?

  • 求人担当の方が直接情報を入力でき、更新も随時可能です。
  • 実名掲載、担当者連絡先・病院 ホームページへのリンクも可能、 医師からの直接の問い合わせ、 応募での入職の場合、 紹介手数料は一切かかりません。
  • 九州に特化しており、九州での 転職を検討する医師の方には、 情報が豊富で、また、検索も シンプルで容易な為訴求力が あります。

お申し込みはこちらから

ページ先頭に戻る